さまざまな作業を行う際に、扱う物の数というのが莫大になる場合があります。そのような際には、必要なものを必要な時に取り出してくるということが大切です。そのような状況を実現するために、様々な工夫が行われています。コンピューターなどであれば、検索などというようなやり方でそのようなことが実現するわけですが、実体がある物でそのようなことを行うにはどうしたらいいかということについてはそう簡単ではありません。

よく行なわれるのが、属性の似たものを集めるという方法があります。この分類により種別をつけるということが、まず行われることです。そのことによって、大体どこにどのようなものがあるかということが分かる訳ですが、分けるというだけではすぐに取り出せると言う状況にはなりません。すぐに取り出せるような状況というのは、何らかの意味で配列なされてなければならない訳です。

つまり色々なものを整理する際には、分類と配列という二つの問題を解決しなければなりません。私たちは、このような二つのことを日常行っています。例えば、スチールラックの上に物を並べるというようなやり方です。スチールラックの段を分類に利用し、スチールラックの段の中は配列して並べるというようなことを行ないます。

このようにスチールラックは、物を分類して並べるということはできるものであるということが分かります。一見何の変哲も無いようなスチールラックですが、私達の利用法によっては便利に使えるものです。スチールラックのことならこちら