スチールラックは、まるでオーダーメイドのように物や家電をピッタリと収めることができる、ポピュラーな便利アイテムです。誰でも簡単に好きな高さで組み立てることができ、丈夫な上に安定性があり、値段も安いというメリットから、1つは取り入れているという家庭は多いのではないでしょうか。狭い部屋を効率的に使うことができるので、特に一人暮らしを始める人には重宝するアイテムです。しかしその無骨な見た目から、部屋の雰囲気と合わず浮いて見えるというデメリットもあります。

そんな時は自分流にカスタムをしてインテリアとしても映えるアイテムにしましょう。まずはスチールラックの色を部屋の基調としているカラーに塗装します。スチールラックは購入した時はバラバラに梱包されているので、ペンキでもスプレーでも色が塗りやすく、塗装をするのであればこの段階で済ませておくことをおすすめします。色が変わるとだいぶ部屋の雰囲気とマッチするようになりますが、天板を乗せるとより使い勝手がよく、またスチールラックナチュラル感が出ます。

既成の天板が見つからない場合は、自分で作ることも可能です。天板の四隅は支柱に合わせてカットしなければいけないので、丈夫で加工のしやすいプラダンを使用することをおすすめします。プラダンに木目調や大理石調のインテリアシートを貼り付けると、よりインテリアとして映える仕上がりになります。最後にラックに物を配置するコツですが、あまり窮屈に物を詰めると生活感が溢れてしまうので、観葉植物なんかを飾りながら隙間を取り入れた収納にしましょう。

やむおえず物を詰める場合は、布でカーテンをするなどして、目隠し収納を心がけましょう。