私達が1度に認識できるものの数というのは、意外と少ないものです。したがって、ある数以上のものを直接扱うということはほとんど不可能となります。その様な際には、目の前にあるものの数を減らす必要がある訳です。しかし、実際に扱わないといけないというものの数がそのように少ない場合というのはあまりありません。

そのような際に行われるのが、分類と呼ばれる方法です。数多くのものをいくつかの少ないまとまりにするというのが分類の趣旨です。その様にすることによって、大まかにどこに分類されたものの中には、どういうものがあるということが認識できます。必要なものがある際には、そのような分類にしたがって、そのまとまりの中を探せばいいということになります。

ただ、取り扱う者の数が非常に多い場合には、分類されたまとまりの中にあるものというのも大変大きな数になってしまいます。そのような際には、分類の中をさらに細かく分類するというような作業が行われるわけですが、それが雑然と配置されているだけでは、どこに何があるかということがすぐには分かりません。その様な際に用いられるのが、配列です。配列とは、ある規則にそって物を並べておくということです。

物を探す際には、その規則にしたがって探していけばいいということになります。普通この様な場合には、スチールラックのどの棚の位置にはどのようなものをというような分類をし、その棚の中ではある基準にしたがって本を並べていくというようなことが行われます。この様にスチールラックを用いることによって、ものをわかりやすく整理するということが可能となります。スチールラックには、色々な高さや棚板の広さのものがありますので、状況に合わせてお買い求めれば良いということになります。