つむじ周辺の頭皮ケアに最適な育毛剤とは

人によって薄毛になる箇所には個人差があります。前頭部と後頭部それぞれ髪の毛が抜けていく要素が異なるので原因に合わせたヘアケアを実施することが大切です。後頭部の薄毛は目立ちやすく、つむじ付近から髪の毛の太さが細くなっていくので地肌が見えやすい状態となります。薄毛現象は男性ホルモンからくる血行不良が要因となっている場合が多く、つむじ付近は影響を受けやすいので毛根の働きが阻害されていきます。

重度になってしまうと個人で解消させることが困難となってしまうので、気になり始めたら育毛剤を使った頭皮ケアを行うことが推奨されています。育毛剤は配合されている成分によって頭皮に合わない製品もあるので肌が弱い体質の人は、植物エキスを主成分とした低刺激の育毛剤を使用する必要があります。ただ単に髪に付けるのではなく、頭皮に浸透させやすいように頭皮マッサージと併用することで毛根から毛細血管へと効果が行き渡り、血行促進効果を得られるようになります。特につむじ付近には血行を改善させるためのツボが集中しているので指圧しながら育毛剤を散布すれば相乗効果が期待できます。

育毛剤を使うタイミングはシャンプーで頭皮を清潔にした入浴後が適しており、皮脂や汚れが育毛成分を阻害してしまうことを防げます。いくら高品質な製品でも使用期間が短いと思うような効果が得られないので、半年~1年ほどは継続できる製品を選ぶことも薄毛対策には重要になります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です